弁護士紹介

電話番号・ヘッダー

メール問い合わせ・ヘッダー

弁護士紹介

代表弁護士 岡野浩巳

ご挨拶

世の中には理不尽と思われることが沢山あります。それでも,ほとんどの方々がそれに我慢して生活しています。

法的知識が十分でなかったり,相手方との力関係において不利な状況にあるなど,様々な事情で「言いたいこと」や「言うべきこと」がなかなか言えなかったり,言うことができても相手方に聞いてもらえないということで困っている方々が沢山いらっしゃいます。

私は,そういった方々に代わって,「言いたいこと」や「言うべきこと」を大きな声で言ってあげたい,そういう思いで弁護士を目指しました。

実際に弁護士になり,依頼者に代わり自らが前面に立って,交渉や裁判を行うことに仕事のやりがいを感じ,多くの依頼をいただいて参りました。さながらガードマンか用心棒のような側面を持つ弁護士の仕事は,私の性に合っているようです。

私は,日常的に起こりうる様々な事件(離婚,相続,交通事故など)から,刑事事件の被疑者や被告人のように誰も味方をしてくれないような四面楚歌の状況での弁護やビジネスや医療過誤のような専門的な相談や事件まで,依頼者の利益を第一に考え,依頼者のニーズに応えて参りたいと思います。

個人的なお悩みでどうしたらよいか分からなくなったり,ビジネスであれば経営判断に確信が持てないときなど,ご遠慮なくご相談ください。

誰でも同じように悩み事はあります。しかし,人によって違うのは相談できる適切な相手がいるかどうかです。私は,常に依頼者の置かれた状況や利益を最優先に考え,可能な限り問題の発生を未然に防止し,起きてしまった問題については全力でその解決にあたります。

趣味

  • ダイビング
  • 自転車
  • マラソン
  • 旅行
  • 読書

主な経歴

昭和63年 鹿児島ラ・サール高校 卒業
平成6年 東京大学法学部 卒業
平成8年 司法試験合格
平成11年 司法修習終了(第51期)
弁護士登録(広島弁護士会)
河村・大迫法律事務所 入所
(平成14年 河村総合法律事務所に名称変更、
平成19年 河村総合法律事務所と城北法律会計事務所と合併し広島総合法律会計事務所を設立)
平成23年 広島総合法律会計事務所を独立し、岡野法律事務所を設立
平成23年度 広島弁護士会 副会長
平成24年 平成24年度 中国地方弁護士会連合会 理事
令和元年 九段下オフィス開設に伴い東京弁護士会に登録換え

 

《新宿オフィス》

支店長弁護士 明比拓郎

ご挨拶

弁護士の明比拓郎(あけびたくろう)と申します。

首都東京で、お客様のためにご尽力させていただけることを、心から嬉しく思っております。

良質な法的サービスを提供し続けることができるように、誠心誠意、日々の業務に励んで参ります。

私は、紛争に巻き込まれて困っている人を一人でも多く助けたいという思いから弁護士を志しました。

弁護士になって、これまで数多くのご相談をお受けし、ご依頼をお受けしてきましたが、1つの案件を解決してお客様に「ありがとうございました。」「本当にお世話になりました。」と感謝していただける時は、本当に弁護士冥利に尽きる瞬間です。

今後も、「一人でも多くの困っている人を助ける」という熱い思いを常に持って、一つ一つの案件に全力で対応して参ります。

私が、これまでご相談やお客様との打合せ及び日々の業務の際に一番に心掛けてきたことは、不安を抱えていらっしゃるお客様に「安心」していただき、お客様のために「誠心誠意全力を尽くす」ことです。

今後も、お客様に「安心」して頂くために、私は、お客様のお話をまずはしっかりと丁寧にお聞きします。

どんなに些細なことでも構いません、弁護士にこれを言っても大丈夫かなと思うことでも構いません。

時間や回数等も気にされなくとも大丈夫です。

ご相談時や打合せ時には、私を信頼して何でもお話していただきたいと思います。

その上で、私は、お客様のお気持ち・ご意向をしっかり汲み取って尊重し、弁護士として、トラブルの原因を見極めて、トラブルを法的に解決するためには、どのようにすればよいかを一つ一つ明確にご説明させて頂きます。そして、お客様には少しでも「安心」していただきたいと思います。

皆様が日常生活を送る上で、何か少しでもお困りのことがあれば、当事務所新宿オフィスを頼って、ご相談にお越し下さい。

私が、困っている皆様に寄り添って、皆様のために「誠心誠意全力を尽くし」、トラブルの解決に努めます。

趣味

  • ツーリング
  • 映画鑑賞
  • 合気道
  • 将棋・チェス

主な経歴

平成17年 岡山白陵高校 卒業
平成21年 東北大学法学部 卒業
平成24年 中央大学法科大学院 修了
平成25年 司法試験合格
平成26年 司法修習終了(第67期)
弁護士登録(沖縄弁護士会)
弁護士法人岡野法律事務所 入所
平成29年 高松支店開設に伴い香川県弁護士会に登録換え
令和4年 新宿オフィス開設に伴い東京弁護士会に登録換え

弁護士 森一岳(もと裁判官)

ご挨拶

仲間と深夜に酒を酌み交わす中で、午前0時に裁判官としての定年を迎えたのは、弁護士登録をする約半年前のことでした。

私が司法に関心を持ったのは、それから更に半世紀ほどさかのぼります。

その頃、公害事件で患者を救済する裁判が相次いで出され、他方で、「司法の危機」といわれる事態も起こりました。

高校に入学する前後にその時代を経験した私は、様々な利害が複雑に絡む紛争について、責任をもって判断を下す裁判官の仕事にあこがれ、任官しました。

事件処理に当たっては、当事者の訴えに真摯に向き合うこと、特に社会における少数者の主張が理不尽に押さえつけられることのないようにすることなどに、心を配ってきたつもりです。

今回の新型コロナウイルスの騒動で、私たちは、これまで経験したことのない大規模かつ深刻な事態に直面しています。

ウイルス感染が収束した後にどのような社会が到来するのかも見通しが立ちません。

そのような状況の中で、これまでの思考方法では解決できないような様々な紛争が生ずると考えられます。

この時期に弁護士になった者として、これまでの経験を生かすとともに、マクロ及びミクロにおける新たな視点から、問題点を掘り下げ、依頼者の利益を守ることにいささかなりとも貢献できればと考えております。

よろしくお願い申し上げます。

趣味

  • 旅行
  • 映画鑑賞
  • サッカー観戦

主な経歴

昭和48年 東京都立西高校 卒業
昭和54年 東京大学法学部(公法コース) 卒業
司法試験合格
昭和55年 東京大学法学部(私法コース) 卒業
昭和57年 司法修習修了(第34期)
判事補任官
平成4年 判事任官
令和2年 判事(広島高裁) 退官
弁護士登録(東京弁護士会)
弁護士法人岡野法律事務所 入所

弁護士 黒岩瞳

ご挨拶

祖父の影響から、物心ついた頃より弁護士になることを志してまいりました。

高校時代をオーストラリアで過ごした際、人種差別にあったこと、また、私が聴覚障害を持っていることから、一層悩みを持っておられる方とともに歩んでまいりたいと思うようになりました。

大学時代にはイギリスで平和学を学び、悩みを解決するには、法的側面からだけでなく、心理的側面、社会的側面からのアプローチも大切であると気づき、今後も法的側面からの解決はもちろん多角的側面からお悩みに寄り添いたいと思っています。

なお、聴覚障害を持っていると申しましたが、業務に支障はございませんので、ご安心ください。

どうぞ、よろしくお願いいたします。

趣味

  • 相撲観戦
  • 野球観戦
  • 晩酌

主な経歴

平成24年 SCECGS Redlands Senior High School 卒業
平成29年 中央大学法学部法律学科 卒業
令和2年 創価大学法科大学院 卒業
令和3年 司法試験合格
令和4年 司法修習終了(第74期)
弁護士登録(東京弁護士会)
弁護士法人岡野法律事務所 入所

弁護士 梶原寿美怜

ご挨拶

法律事務所に相談にこられる方の中には、友人や家族にも言えないような悩みを抱えていたり、社会的に立場が弱く声を上げることができないといった理不尽な目に遭った方が多いことと思います。

そのような何らかの悩みを抱えている人、困っている人を一人でも多く助けたい、そのような人たちの人生をより前向きなものにしたい、という思いで弁護士を志しました。

また、法律問題というのは、例えば貸したお金が返ってこない、隣人の騒音で平穏な生活を送ることができないなど、日常的に起こりうるものだと思います。

弁護士にもっと早く相談していれば事態が大きくならずに済んだ、ということも少なくありません。

既に起きてしまったトラブルを解決するためだけではなく、これから起こるかもしれないトラブルを未然に防ぐためにも、どのような些細なことでもいいのでぜひお気軽にご相談ください。

当事務所に相談に来られる方の心に寄り添い、皆様が思い描いている最適な問題の解決に向けて誠心誠意励んで参ります。

よろしくお願い申し上げます。

趣味

  • 映画鑑賞
  • 離島旅行
  • シュノーケリング

主な経歴

平成26年 私立済美平成中等教育学校(愛媛県) 卒業
平成30年 神戸大学法学部 卒業
令和元年 中央大学法科大学院 修了
令和3年 司法試験合格
令和4年 司法修習終了(第74期)
弁護士登録(東京弁護士会)
弁護士法人岡野法律事務所 入所

 

《九段下オフィス》

支店長弁護士 伊倉秀知

ご挨拶

これまで、民事・刑事を問わず、様々なご相談を受け多くの事件を解決してきましたが、全て依頼者の利益を第一に考え、スピードを重視して対処してきたと自負しております。

依頼者の方々から「頼んで良かった」と思っていただける弁護士で在り続けられるよう、これからも努力する所存です。

よろしくお願い申し上げます。

趣味

  • 読書
  • 剣道
  • グルメ

主な経歴

平成9年 東京大学法学部 卒業
平成18年 駒澤大学法科大学院 修了
平成21年 司法修習終了
弁護士法人塩谷総合法律事務所 入所
平成28年 九段下総合法律事務所 参画
令和4年 岡野法律事務所 入所

弁護士 諏訪大輔

ご挨拶

皆様が弁護士に出会われる時、その多くは皆様が何らかの紛争や事故に遭ってしまったときだと思います。

弁護士は法的なアドバイスを提供することしかできませんが、少しでもわかりやすい法的アドバイスを差し上げ、少しでも多くの不安が解消できるように尽力して参ります。

よろしくお願いいたします。

趣味

  • 旅行
  • 映画・海外ドラマ鑑賞

主な経歴

平成17年 駒澤大学法学部 卒業
平成20年 駒澤大学法科大学院 修了
平成25年 司法修習終了
弁護士法人塩谷総合法律事務所 入所
平成28年 九段下総合法律事務所 参画
令和4年 弁護士法人岡野法律事務所 入所

弁護士 川口代志子(もと裁判官)

ご挨拶

約40年の裁判官生活を終了後、令和3年4月から弁護士法人岡野法律事務所に籍をおかせていただき、弁護士としての仕事を始めることになりました。よろしくお願いいたします。

裁判官在任中は、関東地区を中心に、民事事件、家事事件を担当していました。

その間、自分にとっては担当するたくさんの事件の中の1件であっても、事件の当事者にとっては一生に1度しか体験しない、のっぴきならない事件なのだということを常に意識して、当事者の話に十分に耳を傾けた上で、正しい判断ができるように、努力を重ねてきました。

そんな日々の中で、裁判所が取り扱う紛争は世の中にある紛争のうちのほんの一握りにすぎないのだなあと感じさせられることがままありました。

弁護士としては新参者ですが、これまでの経験を生かし、世の中にある、そんなたくさんの紛争について、よりよい解決、正しい解決、当事者が納得できる解決に至るお手伝いができるように、力を尽くしたいと思っています。

よろしくお願いいたします。

趣味

  • 国内旅行
  • スポーツ観戦
  • アルバム作り

主な経歴

昭和46年 静岡県立静岡高校 卒業
昭和51年 司法試験合格
昭和52年 東京大学法学部 卒業
昭和54年 司法修習終了(第31期)
判事補任官
平成元年 判事任官
平成29年 判事(新潟家裁所長)定年退官
令和3年 弁護士登録(東京弁護士会)
弁護士法人岡野法律事務所 入所